『サービス付き高齢者向け住宅』の説明

■平成23年の「高齢者の居住の安定確保に関する法律(高齢者住まい法)の改正」により創設された登録制度です。
■高齢者単身・夫婦世帯が安心して居住できる賃貸等の住まいです。
■高齢者に対応した設計・構造 ⇒ バリヤフリー構造 ⇒ 一定の面積、設備
■安心の見守りサービス⇒ 安否確認サービス⇒ 生活相談サービス
■都道府県・政令市・中核市が、事業者へ指導・監督を行います。
■家賃やサービスなど住宅に関する情報が開示されることにより、自らの要望にあった住まいの選択が可能です。

『サービス付き高齢者向け住宅』の基準

■規模・設備
・ 各専用部分の床面積は原則25㎡以上
(ただし、居間、食堂、台所そのほかの住宅の部分がご高齢者が共同して利用するため十分な面積を有する場合は、18㎡以上)
・ 各専用部分に、台所、水洗便所、収納設備、洗面設備、浴室を備えたもの(ただし、共同部分に適切な台所、収納設備または浴室を備えることで、各戸に備える場合と同等以上の居住環境が確保される場合は、各戸に台所、収納設備または浴室を備えずとも可)
・ バリアフリー構造 (段差のない床/手すりの設備/廊下幅の確保)
■サービス
・ 安否確認・生活相談サービスが必須のサービスです。
ケアの専門家が少なくとも日中建物に常駐し、これらのサービスを提供します。
■契約
・ 長期入院などを理由に事業者から一方的に解約できない。
・ 事業者が受領できる金銭は、敷金、家賃、サービスの対価のみです。権利金やその他の金銭を受領することはできない。
・ 事業者は住宅の工事完了前に、前払い金を受領できない。

当施設の概要

表1.gif

入居部分 = 部屋別規模並びに設備一覧表

表3.gif

入居部分 = 部屋別料金表

表2.gif

入居に関するご質問、ご相談お待ちしています。
ぜひお気軽にどうぞ。下記担当者まで!!
( 担当 百合野 ) 080-2910-2429
( 担当 窪  田 ) 080-2910-2430